投資顧問口コミランキング

投資顧問注目の日本化学工業株価とタカタ株価

投資顧問の注目する日本化学工業株価の今後の傾向ですが、日本化学工業株価は2012年11月に93円を底に景気回復の基調から上昇し、2015年1月365円の高値を付けるも現在は200円台後半を推移しています。今後の業績見通しと勘案して予想しますと、会社のスマホ向けの部品の引き合いが強く、液晶向けの電子セラミックが好調で海外重要も増加していることから業績も上方修正されており、これらの期待から上昇トレンドに転じる可能性があります。現在の日本化学工業株価は、直前の特別損失を計上した7月の206円を底と見て、250円を通過して300円を目指してそlこに定着してさらに350円台を目指すものと予想します。もしこのままスマホ関連の化学製品の売り上げが予想以上に好調であると400円台も十分に狙えます。
つぎに投資顧問の注目するタカタ株価の今後ですが、タカタ株価は2012年11月の1300円台を底にアベノミクス効果による円安基調の際の自動車関連好況のおかげで2014年2月3100円台もつけるも、アメリカのエアバックリコール問題の発生のため一時1000円まで下落し、現在は1200円台から1500円台までのボックス相場の中で推移しています。業績はこのエアバック問題以降に収束に向かいつつあったものが、再びアメリカにてリコール問題が生じ、今後のこの問題の動向が注視されますが、投資顧問の見解としては、エアバック最大手の会社ゆえに自動車産業が好調であり続ける以上、今後また3000円を目指す展開が近いと判断し、またタカタ株価が1000円を割らずボックス相場を形成している以上底値は1100円とみて、しばし状況が好転すれば一気に上昇もあり得ると考えます。